[yoga] 普段は見えない何か

2013年9月4日 at 12:15 PM


「あんた、そげん健康なことばっかしてどげんすっと〜!」
(あんた、そんなに健康なことばっかりしてどうするの?)

雨降りの午後、二人だけの静かな部屋に突然響き渡る義母の声。
今までにタバコをやめたことに加え、お酒をやめてることまでは知っていた。
だが、ここにきて初めて、僕が今お肉も食べていないことを知っての義母のとっさの一言だった。

「いやいや、そういうわけでは〜」と適当に流しつつも、ふと、“そういえばなんでだろ?” と自問してみたり(自分でも考えたことなかった・・)。

ほんと、なんでこんなことしてんだろ?

健康のため??
いやいやいやいや。
もともと健康だと思ってるフシが僕にはあるので、そんなに健康に執着心は無いつもり。

長生きしたいから??
うーん。。。。これもなんだか違う。
仮に長生きしたとして、周りに誰も居なくなった世界に一人ぼっちとか考えただけでゾッとする。

では、なんでだろ・・、と義母が帰ったあと一人考えてみる。
あーでもない、こーでもないと考えながら、結局は、”魂のヨーガ” の一節が思い浮かぶ。



何らかの意識的な努力を行わないかぎり、あなたの結晶化は決して起こらない。自分で何かをする必要がある。自分で何かを行えば、何かが身につく。意識なしでは、何もみにつかないーこれを覚えておきなさい。これは根本原理のひとつだ。意識なしでは何も身につかない!あなたは非の打ち所ない聖者になるかもしれないが、意識を通じてそうなったのでなければ、虚しく無駄なことだ。あなたは一歩ずつ苦闘しないといけない。なぜなら、苦闘にはより多くの意識が必要とされるからだ。意識の実践をすればするほど、あなたはさらに意識的になる。そして、あなたが純粋な意識になる瞬間が訪れる。

そう!きっとこの意識的な努力だ。

 (タバコを)吸ったことがないから吸わない。
 (お酒を)飲んだことがないから飲まない。
 (お肉を)食べたことがないから食べない。

そういう無意識的なものではなく、既にあるもの。
すでに習慣となるものを意識的にやめてみる。
何かをやめてみた先に何があるのかなんてワカラナイ
その意識的な努力の先に “純粋な意識になる瞬間” が訪れるかなんてワカラナイ
けど、やらないとそれは一生ワカラナイ

たぶん、これなんだと思う。
新しい視点を手に入れたい?
いやいや、そうではなくて、きっと普段は見えない何かを見てみたいんだと思う。
見える確証なんてどこにもないし、いつまで続くかワカンナイんだけども、この感じをしばらくはやり続けてみようと思う。

だけど、ほんとは最近。ほんの少しだけど、よくヨーガの本とかに書いてある “欲が落ちる” というこの “落ちる” という感覚がすこーしだけ解ったような気がする。

最後も “魂のヨーガ” からの引用。

覚えておきなさい、あなたが不幸だとしたら、すべてはあなたがそうしたのだ。自分の苦しみは自分がつくったものだ。それをハートの奥深くに沁み込ませなさい。

何にせよ、意識的に生きていこうではないか!

(今日は長男さんの誕生日。
 早いものであれから14年。あと7年経つとヤツも成人となる。早いな〜。
 こんごも僕を普段は見えないようなとこに連れて行って欲しい。
 お誕生日おめでとう!!

ではでは〜

 

あわせてお読みください


Tags: