肉抜きの生活を1ヶ月間やってみたよ

2013年7月30日 at 8:25 PM

今日を入れると残り 2 日。
7 月のあいだ中の約 1 ヶ月間、お肉を抜いた食事生活をしてみました。
感じたことなどをザックリとでも書ければと思います。

“そもそもなんで始めたの?” って話なんですが、”なんとなく。。” としか言えず・・・(笑

スポンサーリンク



ヨガをやり始めて 4 年間、周りにベジタリアンの方が増えたこともあって、菜食への興味は
フツフツと沸き上がってはおり、僕も一度はチャレンジ出来たらなという思いがありました。
(因みに、完全な菜食ではなくお魚は食べてました)

そんな影響もあり、ここ 1、2 年は、自分一人とかでご飯を食べる時などは、基本、
お肉が入っているメニューは選ばず、なるべくお肉は食べないようにはしたりしていました。
たまに、みんなでお食事に行くとか、飲み会とかではお肉を食べるという感じです。
今回、そこを思い切って 1 ヶ月間お肉抜きの食事生活をやってみました。

ザックリとなメリットとデメリットは、以下のような感じです。

メリット
 ・やっぱり身体の調子が良い(思い込みかも知れませんww
  →身体が軽いというかなんというか。。。
   朝もスッと起きれる感じがします
 ・食べるメニューがヘルシーな料理ばかりとなる
  →基本サラダばかりのメニューとなるので、量含め、ヘルシーです
 ・普段は気にもかけない一つ一つの食事を凄く気にするようになる
  →中に何が入っているのか、というのから栄養が足りているのかというところまで、
   普段だと絶対に気にかけないようなことまで来にするようになります
   結果、凄く自分の身体について意識するようになります
 ・新しいメニュー、新しい発見がある
  →お肉を抜くと決めた瞬間から、食べるものに困ります
   大抵、お肉が入ってます
   ですので、お肉が入っていないメニューを探すため、売り場を良く見渡すようになり、
   普段はなかなか食べないようなものも、目に入り、手に取るようになります

デメリット
 ・無性にお肉が欲しい時がある
  →ダイエットとかと同じと思いますが、やはり超絶食べたいという波が
   我慢出来るレベルではありますが、約 2 週間に 1 回ぐらいのペースで来ました
 ・神経質になる時もある
  →お肉入ってないのか、、とちょっと神経質になる時があったかもです
 ・周りに気を使わせてしまう
  →大抵は、お肉が入っていないようなメニューを選べば良いし、
   お肉が入っていても食べて貰えば良いので、大丈夫なのです
  ですが、焼肉屋さんとか、どうもこうも対処のしようがないものも
  あったりして、そこは大変申し訳なくお断りしてました

と、こんな感じです。

実際に 1 ヶ月間やってみて、お肉抜きの食事生活の良さもツラさも解った上で
これからさらにお魚も食べないようにしてのさらなる菜食主義に走るというのは、
今のところ、僕には難しいと考えております。
ただ、8 月になったら、一度はお肉を食べてみようと思っていて、その反応次第では
あるのですが、出来ればその後も続けてお肉を抜く食事生活をしようとは考えてます。

結果的に、1 ヶ月やってみて僕にはお肉を抜いた食事は合っているのかも知れません。
身体の調子が良かったなどの利点も含め、お肉が絶対に必要という訳ではないこと、
お肉を食べないとした時、お店やメニューにもの凄く困るということ、
新しいメニューに出会えるということ、等など。
今回のチャレンジで学んだこと全てが僕にとって新鮮で凄く勉強になりました。

もし、ご興味があれば、ぜひ一度は試してみてください!
きっと新しい世界が見えると思います。


前に facebook に書いたこと↓
https://www.facebook.com/takafumi.kawano/posts/10151781956879801

臆することなく自分を変え続けること。
– “食事を変え、姿勢を変え、眠りのパターンを変え、日常の習慣を変えると、
自分の中に新しい人間が誕生しはじめるのがわかる。すると、数々の異なる変化が可能となる。
ひとつの変化のあとは、別の変化が可能になる。次第に、さらに多くの可能性が開いていく。”



ではでは~

あわせてお読みください