疑う – コダワリ、習慣 –

2013年7月2日 at 7:43 PM

誰かを疑うとかいうのではなくて、今回はコダワリや習慣を疑っちゃいましょう!というお話。
前回のお酒止めましたよ〜、の記事でこんなこと書いてたりしました。

>思い込みや習慣が強いだけで、意外と実はお酒なんて要らないのかも知れません。

[お酒 – 節酒、禁酒、断酒 -]
http://takafumikawano.net/about-alcohol/

お酒が好きでなく、なんとなく昔から飲んで来たので!みたいな惰性で飲んでたとしたら
もしかすると、それって要らないのかも知れませんよ、ってな話だったのですが
これって何かしらの惰性の習慣のお話だけでなく、コダワリや習慣についても言えますよね。

人間 30 何年も生きてると、自分なりのコダワリや習慣がありすぎるぐらいあるんじゃないかと思います。

「それでないと、これでないと。いやいや、あれでないと!」

僕もそうでしたし、今もそうです。
ただ、僕はヨガをやり始めた 30 歳ぐらいから、そういったコダワリや習慣を
改めて見つめなおし、必要かどうかを考えたり(考えるために止めたり)して、
いくつか止めてきました。

今まで止めたものは、

  • タバコ
  • コーヒー
  • お酒
  • お肉(お魚は別。ほんの1,2ヶ月。今はなるべく食べないようにしてる程度)
  • 夜更かし
  • スナック菓子(現在奮闘中)

20 代のタバコを止めるまで、タバコが無い生活なんて考えられませんでした。
コーヒーも同様で、朝起きてすぐのコーヒーが何よりも美味しく、また、
その一杯がないと頭が働かず、朝起きることなんてできないぜ!とか本気で思ってました。
お肉無しの世の中なんて、そもそも考えられないし、夜更かし出来なければ
自分の時間なんて無いものと思ってました。
スナック菓子を食べるのも、お仕事中の一つの楽しみでした。

でも、止めてみて今思うのは、どれもぜーんぶ、コダワリとか習慣とか勝手に
言ってるだけで、ほんとはどうでも良いものなんですよね!

タバコは別に吸わなくても特に困る事は無くなるし、コーヒーだって飲まなくても
朝ちゃんと目が覚めます。
お酒は前回も書いたように必要なく、お肉も代替できる(もの凄く大変ですが・・)。
夜更かしをするのではなく、朝早く起きれば時間も出来る。
スナック菓子は食べなくても、何か別のものでもきっといけるかも(ハズ)。

何かを止めることによって、今まで知らなかった現実が新しい視点とともに経験を出来たりします。
コンビニに行くと、お肉が入っていない品物の少なさに驚きます。
飲み会の時、ソフトドリンクが充実したお店だと凄く嬉しくなり、その店が好きになります。
お店には、もっと野菜だけのメニューがあって欲しいし、ノンアル主義でも楽しめるバーや
コーヒーを飲まなくても、違和感を感じないカフェなんかも、もっともっとあったらなと思います。
こんな感じの僕でも、安心していけるようなお店がもっと増えて欲しいとも思います。
というか、増えてください!(^^;

自分が思い込んでいる

「それでないと、これでないと。いやいや、あれでないと!」

というコダワリや習慣は、ほんとはただの幻想で、ただただ要らないものかもしれない。
最近そう思います。

この記事を見て、もし気になったとしたら、ご自分のコダワリや習慣の一つ一つに
疑いの目を向けて、今一度、見つめ直すというのをやってみてはいかがでしょうか?
(当然、良し悪しについては、人にもよるとは思いますが・・・)
ぜひ一度お試しあれ〜。
最後に、僕の大好きな為末さんのお言葉を。

“どうでもいい事に人は何故こだわるのかというと、自分が不安だからだと思う。
素のままの自分に自信が持てないから、私はこういうものですと自分にも周囲にも
言って聞かせないと安心できない。
そうだというよりも、そうでなければならないと思う。”

[為末氏「成長を阻害するどうでもいい事」]
http://togetter.com/li/327867

そのコダワリや習慣で、自分の練習や成長、人生そのものを阻害しないようにしたいですね!
ではでは~


あわせてお読みください