人の時間を使うことに鈍感

2013年9月13日 at 12:35 PM

前にも書いたけど、好きなブログで “永井千佳の音楽ブログ” というのがある。
このブログのこのエントリーを見てたら、ハッとさせられたので書いてみる。

[この人は人の時間を使うことに鈍感ですからもう一緒にお仕事はしないと思います]
http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2013/09/post-2c09.html

最近、気になることがあります。
仕事において、何かのイベントや勉強会において、かなりの人が時間に関する感覚が緩くなっていないかということです。
出欠申込みの期限、事前提出書類の期限、当日の開始時間、3分のところを5分も10分も話して時間をオーバーする・・・・・。

たしかに、この数年の間に僕の中にも “少しぐらい時間に遅れても良いかも” という感情がある気はしていた。
中学の頃、さんざん5分前行動というものを叩きこまれたにも関わらず、、である。

「遅れてきても、悪びれもせず堂々としていて、本当にしょうがない」と怒っていました。

これほどまでの経験は僕にはないけど、時間に対して大らかなイメージは行ったことある国で思ったことがある。

その話をきいたとき、日本とフランスでは、文化の違いはあるのでしょうけれども、あまり良い意味ではありませんが少しずつグローバルになってきたのかな、という感じがしました。

それが “グローバル化の影響か?” と言われると、うーん。。。という感じではある。
でも、最近たしかに感覚が緩くなっている気がしないでもない。
(なんだろ?時代??うーん、やっぱりグローバル化??)

「ごめん、少し遅れる/遅れた〜」

というのを昔よりも良く聞くようになった気がするし、僕も良く言うようになってたかも知れない。
時間の感覚が以前よりも緩くなってしまってるのかも。
だけど、実は先月から自分なりにその事に気が付いたんで、ちょうど今、時間には遅れないようにリハビリしているところだった。

最終的には、人生は人とのご縁です。ある経営者と話していたのですが「あの人は人の時間を使うことに鈍感ですからもう一緒にお仕事はしないと思います」とおっしゃっていたのが印象に残っています。心ある人はそういうところをきちんと見ています。
良いご縁と運気を逃していないか。本当にもったいないと思いました。

ほんとに良いタイミングで素晴らしいブログのエントリーに出会えた!
ありがとうございますm(_ _)m

“あの人は人の時間を使うことに鈍感ですからもう一緒にお仕事はしないと思います”
うーん。。これは、決して言われたくない言葉だな。。。
これからももっと気を引き締めて時間に遅れないようにしようっと。

ではでは〜。

 

あわせてお読みください