半日断食

2013年7月9日 at 8:38 PM

なんだかココとかココで書いてるように、最近 “何かを止めた” とか
そんな生活習慣に関する事ばかり書いてますが、今回もです。
悪しからず・・・。

スポンサーリンク



たまに人と話してて「僕、半日断食っていうのをしてて、もう 2 年目なんですよ!」
とか言う時がたまにあります(午前中に食べ物を勧められた時とかね)。
で、言われた方は当然なんですが、「え?」って反応される。
僕の中では特段大した事でもないので、サラリと説明するも、僕の説明が悪かったりとかで
たま〜に怪訝な表情をされて、去っていっちゃう人とかいるんで、ここらで一回ちゃんと
説明しておこうかな、と思った次第でございます。

半日断食ってのは、常にお腹を満たすのではなく、一定時間空腹の時間を作って、
胃腸や肝臓といった内臓が休めましょう、という感じの断食です。

元々は 2011 年にとある本を買って読んだのがキッカケです。
ご存知の方もいるかと思いますが、それが下記の “IDEA HACKS!2.0” です↓



内容をザックリと説明すると、人生と仕事を豊かにするという視点の元、
下記のようなコツや習慣が色々と書かれています。

 ・朝の野菜ジュースで脳を活性化する
 ・運動して脳を鍛える
 ・自分のくだらない考えや、下手な書き方を許容
 ・手を止めずに書き続ける
 ・時間的制約の中に身を置く
 ・心の中の「いいね!」ボタンを押す
 などなど


当時話題となり、売れてたのもあってなんとなく手に取ってみたのですが、今思えば、
(これが僕の自分の身体を使って [あれこれ止めてみたりとか] 実験してしまうことの
 始まりだったんじゃないかと思います)

この本では、食べる事についてこう書かれています。

 もともと食べ物は異物であり、その異物を体内に取り込むには相当なエネルギーが必要となります。
 血液が消火器に占有され、脳が働かなくなってしまうのです。


「あー、たしかにな〜。お昼ご飯のあと、猛烈に眠くなるのもこのせいかな〜」と
思ったところで、半日断食についてのやり方がこう書かれています。

 やり方は簡単です。朝食を抜くだけ。夕食を食べたあと、間食をせずそのまま朝までガマンをする。
 そのまま朝ごはんも食べずに、お昼まで断食をするわけです。
 昼食、夕食は普通どおり食べて大丈夫です。


あら、なんと簡単そうじゃんか!
自分の身体でやるのはどうせ無料だし、合わなければ止めれば良いしね。
いっちょやってみよう!
とまんまとノセられ、それから気が着くともう 2 年目になりました。
因みに、毎朝野菜ジュースをコップ一杯だけ飲んでます。

 朝ご飯は食べた方が良い!
 いやいや、食べない方が良いに決まってる!

これらの論争には、僕的には全く興味はありません。
僕の身体には、半日断食が合ってたらしく、半日断食をやり出してから身体の調子が良いです。
結局、自分に合ってればどっちでも良いんじゃないかな、と思います。

旅行や出張の時などで、朝食が用意されてたりしない場合以外は、
朝起きて、野菜ジュースを飲むだけ。
お昼ご飯を食べて、その後はお菓子も食べません。
そして、夕方の 6 時に晩ご版を食べます。
それから、一切次の朝の野菜ジュースまで飲み物以外は食べません(約 18 時間)。

「え〜っ!」と思われるかも知れませんが、案外やってみると思った程
耐えられないワケでもないんです(たぶん)。
頭は冴えてますし(眠い時は別)、やっていく内に空腹感が心地よくなってきたりします(^^;

と、そんな感じで半日断食を続けております。
僕としても、万人に良いワケでも思わないので特に勧めるワケではありません。
ただ、もし今回の記事で気になる方がいたら、下記に半日断食についての情報を記載しておきます。
なんにせよ自分に合っているかどうかが凄く大事ですよ!

[プチ断食より簡単!”半日断食”で食べ過ぎたカラダをリセット! 美容、健康、ダイエットに効く]
http://matome.naver.jp/odai/2135600649531258801

[半日断食の方法]
http://nanapi.jp/2792/

[空腹のときにこそ胃は働く]
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1102W_R10C13A6000000/?df=3


それにしても、この記事に久しぶりにサラリと見た “IDEA HACKS!2.0” に
こんな事が書いてあったのを見かけちゃったり。

 逆説的に聞こえるかもしれませんが、効率的に仕事をすればするほど、
 その人の仕事は貧しくなっていきます。
 できるだけ苦労をせずに、効率よく人生を歩んできた人の表情がどこか貧相になっていくのと同じです。


うーん。大分忘れて来たのもあるから、また興味をそそられる・・。
また読んでみようっと!!

ではでは〜

あわせてお読みください


Tags: