7 年後の自分

2013年9月10日 at 12:39 PM

7 年後、なにしてんだろ?
日曜日の東京のオリンピックの話を聞いた人はみんなこう思ったんじゃないかな。
かくゆう僕もその一人。


https://www.facebook.com/takafumi.kawano/posts/10151879508349801

オリンピックは七年後。
長男さんが二十歳で、俺は四十歳か。
良い記念になるな〜。。

急に 7 年という歳月の数字がリアルに感じられ、7 年後なにしてんだろ?という考えが一日中まとわりついた日だった。
(40 だよ、40 !)

将来への不安からか、なんだかモヤモヤした気持ちで吸い寄せられるように日曜の午後は本屋に向かった。
そして、気がついたらこういう本を買っていた。



なんだか流行りの “◯◯までにやっておく△△のリスト” みたいなタイトルだな〜、と思いつつ。
まー、スタバに持っていくのにちょうど良い薄さだし、値段も 600 円程度だしねって、自分を納得させつつ購入。

特に期待せず読み始めてみると、これがいやどうして。
いろいろと考えさせてくれて面白い!
結果、みごとモヤモヤした気持ちを消してくれた。

目次
 はじめに 30代という分岐点
 1. 「すべてを手に入れることは不可能」だと知る
 2. 変えられることと、変えられないことの違いを知る
 3. 自分の勝ち(負け)パターンを知る
 4. セルフイメージを定期的にチェックする
 5. お金と真剣に向き合う
 6. パートナーや子どもを持つかどうか決める
 7. 自分の居場所を決める
 8. 両親とお別れしておく
 9. 年齢の離れた友人を持つ
 10. 運を味方につける
 11. 自分の内に潜むダークサイドを癒す
 12. メンターから学び、教えを次にまわす
 13. 人脈を金脈に変える
 14. 才能のかけ算で勝負する
 15. 大好きなことを仕事にする
 16. 人生の目的を知る
 17. 自分のお葬式の弔辞を書いてみる
 おわりに 30代を振り返るときがきたら

30 代になって早 4 年目。
常々「30 代って、こうだよな〜」と思っていたことがたくさん書かれていて、気付くと一人でいっぱい頷いてた。

30 代とは 20 代ほど可能性は残っていないけど、可能性がまったく無いというわけでもない。
その残り少なくなってしまった可能性を本当に好きなことを見つけて稼げるようにし、自分らしく生きていけるようにしていかなければならない。
そうやって、いろんなことやものを取捨選択していく 10 年と言えるのが 30 代。。。

人生の時間は有限。
40 代までもう残り 7 年。
やっぱり、やれることは今からでも思いっきりやっておこう!

因みに、7 年後ではなく 7 年前は何してたかというと。。。
ソフトウェア業界から web へ転身しようと野望に燃えてた時のご様子。。
昔のブログが丁度 2006 年あたりから始めてた・・・)

いやー、なんがあるかワカランわ(笑

ま、まずは簡単に出来ることからということで、オリンピック貯金から始めておこう。

ではでは〜

 

あわせてお読みください